>

住居を破壊するシロアリには浦添市でも色々なアリが存在しますが、日本においてはイエシロアリとヤマトシロアリのことが大部分です。1月の平均気温4℃の線を境目に、北にヤマトシロアリ、南にはイエシロアリと分けられます。ただヤマトシロアリについてはそこそこ寒さに耐えうるので北海道にも生息していますが、温帯の場所でも生息できるのでイエシロアリが住む場所に生息する蟻も少なくありません。ヤマトシロアリについては4,5,6月頃の雨上がりの昼に、イエシロアリについては6,7月位の夜間に羽のあるアリが飛ぶのが特色になります。

建造物の床の下部分が土になっている場合は浦添市でも土壌処理の作業を行います。シロアリ駆除の時の土壌処理は、土に薬を利用することになるため、周囲に影響しないように行わなくてはなりません。通常は床の下部分の土に施工する作業ですが、家の外側にも施す必要性があるときは薬剤が外部に飛び出さないようにして行う時もあります。使用する駆除剤は、木に利用するものとは別の土壌専門の薬剤を使います。シロアリの入り口となる基礎立ち上がり箇所が慎重に対処されます。

>