>

自分でシロアリ駆除を施すこともできますが確実に成果を出す事は難しいです。すべてのシロアリを退治しないと、繰り返し被害が出る可能性も高いです。さらに、シロアリは種別に効果が出る薬剤が変わって来るので、異なるタイプの薬剤を使ってしまっては結果が出にくくなります。長崎市でもシロアリというのは種類が多彩なため、業者でない方が見分ける事はカンタンではありません。業者に依頼すれば、しっかりシロアリの種類について区別して正しい薬を使用してくれます。

シロアリ駆除の際の土壌処理として薬剤を使用する方法は、長崎市でも帯状散布と面状散布、加圧注入という3点です。帯状散布というのは、基礎などの付近の土に薬剤を使用する方法です。壁から20センチメートル程の幅まで駆除剤をまきます。面状散布というのは土壌部分の表面全体に駆除剤を満遍なく散布していきます。さらには加圧注入ですが、専門の器具を使用して土の中に薬を注入します。それにより、土壌部分を移動するシロアリが侵入するのを防ぎます。施工する間隔については1m程度というのが目安になります。

>