>

シロアリを駆除する作業の処理の一つのベイト工法はシロアリの特性を上手に使います。シロアリは別のアリに食べ物を分けるといった特徴を持ち合わせています。食べ物になるベイト薬剤を仕掛けて、シロアリに食べさせて、巣にベイト薬剤を運んで行ってもらいます。シロアリはそのベイト薬剤を別のアリに与えていきますが、食べると脱皮することが出来なくなって死に至り、巣穴の消滅が可能になります。島尻郡南風原町でも使用する薬剤はセントリコンと呼ばれる昆虫成長制御剤で、脱皮を行う生き物に限り効果を発揮し、人やペットについては害のないものとなります。

シロアリ駆除に用いられるバリア工法は薬剤をまいてシロアリを卵目含めてまとめて駆除できるやり方になります。使った薬は気体化して建築物の内部に蔓延します。換気扇を回して少なからずの間の換気が不可欠になります。匂いを弱めている改良型の薬も無いわけではありませんが臭いはします。島尻郡南風原町でも匂いに敏感である人は体調に影響が出る事も珍しくないです。幼い子と暮らす家族とか、妊娠している方のいる家庭では要注意ですが速く効果がでる施工です。

>