>

シロアリ駆除の処理の方法の1つであるベイト工法はシロアリの特徴を利用します。シロアリというのは別のアリにエサを共有するといった習性を兼ね備えています。餌になるベイト剤をしかけて、シロアリをおびき寄せて、巣にベイト剤を持って行ってもらいます。シロアリはそのベイト剤を次々と分け与えますが、身体に入れるとシロアリは脱皮することが出来なくなって息絶えて、巣穴自体の駆逐につながります。武雄市でも、使用される薬はIGR剤というような昆虫成長制御剤で、脱皮を行う生物のみに効き目を発揮し人や犬や猫については影響のないものになります。

建物の床の下部分が土の時は武雄市でも土壌処理の施工をします。シロアリ駆除の際の土壌処理というのは、土壌に薬を撒くことになるので、環境に配慮を行って行う必要があります。ふつうは床の下部分の土に行う作業ですが、建築物の外部にも行う必要が出てきた場合には薬が外部に飛び出さないよう注意して行う事もあります。利用する駆除剤は、防腐と防蟻を備えた木部に利用する薬とは違って土壌用の薬剤を用います。シロアリの侵入経路である配管回りが入念に対処されます。

>