>

唐津市にてシロアリ駆除に用いられる薬剤がネオニコチノイド系です。ネオニコチノイド系というのは木造建築等で使います。シロアリの神経細胞に伝達異常を生じさせジワジワ障害を与えていって駆逐するといった物です。ほかにカーバメート系とかシロアリを駆除する際に使われる薬剤としては定石と言えるフェニルピラゾール系も存在します。ちょっとの量でも効果があり、これも巣自体を丸っと根絶することが可能ですが、強い薬であるため使い方には注意が必要です。

シロアリを駆除する作業の手順の1つのベイト工法はシロアリの特殊性を有効活用するものです。シロアリというのは仲間のアリにエサを分けるというような特性を持ち合わせています。食べ物となるベイト薬剤を散布し、シロアリを引き寄せて、巣穴へベイト剤を運ばせます。シロアリは、そのベイト剤を別のアリにシェアしますが、それを食べさせられるとシロアリというのは脱皮が不可能になり息絶えて、巣穴を根絶することを実現できます。唐津市でも使われる薬はセントリコンというような昆虫成長制御剤で脱皮を行う生物だけに効力を発揮し人間や犬や猫については無害なものになります。

>