>

岡山市にてシロアリの害をもたらすケースの内、中心となる本巣のほかに分巣を置くことで増加していくものがイエシロアリです。一方で木材の湿度などのような環境の変動によって、巣を引越していくものがヤマトシロアリになります。ヤマトシロアリの方が広く生息していますが、被害が大き目な種がイエシロアリになります。イエシロアリは住居の木のみならずコンクリートについても損害を出します。さらに、イエシロアリは水分を運搬することができるため、湿り気のない家の上層部へも害を与えられるのが特色になります。

岡山市でのシロアリ駆除の手段としてのバリア工法というのは、薬剤で除去するアプローチです。バリア工法を使用する長所は速く効き目がでることで、駆除剤を撒くと、早々に効き目が出ます。成虫のシロアリについては駆除されますし、シロアリの卵についても死滅させられるので、別の仲間のシロアリが入ってこなければ、害は収まります。バリア工法の良くない点は鼻をつまむ臭いです。作業中の換気が不可欠なことは言うまでもない事でありますが、作業後についても臭いが消えるまでの期間は換気しなければなりません。

>