>

住宅を害するシロアリにはつがる市でもいろいろな蟻がいますが、中でも日本ではイエシロアリかヤマトシロアリのケースが大半です。1月の平均気温4度の等温線を境目にして北にはヤマトシロアリで南にはイエシロアリと分布しています。ただヤマトシロアリは比較的寒くても大丈夫なので北の地方でも存在しますが、温暖な場所でも生息できるのでイエシロアリと同じところに生存する蟻も少なくないです。ヤマトシロアリについては5月ごろの雨の後の昼、イエシロアリについては6,7月位の夜間に羽アリが出て来る事が特性になります。

シロアリ駆除の際の土壌処理のために駆除剤を利用する施工は、つがる市でも加圧注入と面状散布、帯状散布の3点です。帯状散布というのは、配管などの周りの土部分へ薬を使用する手段です。壁より約20cmくらいまで駆除剤を撒きます。面状散布は、土壌の表面に駆除剤を均一に撒いていくことになります。また加圧注入という方法は、特殊な道具によって土部分に薬剤を加圧注入していきます。それによって、土を移動するシロアリを防ぐことが出来ます。施工間隔は1m程というのが普通です。

>