>

シロアリを駆除する作業の手法の1つであるベイト工法はシロアリの習性を有効活用するものです。シロアリというのは仲間に食べ物を分けるといった習性があります。餌となるベイト剤をしかけて、シロアリを誘って、巣穴にベイト剤を持って行かせます。シロアリは、そのベイト剤をどんどん食べさせ続けますが、それを体内に入れるとシロアリというのは脱皮ができなくなり絶命し、巣全体の消滅が可能になります。高梁市でも、使用する駆除剤はIGR剤などの昆虫成長制御剤で、脱皮をする生物だけに効くもので、人間やペットには差し障りのないものです。

高梁市にてシロアリの損害を受けるケースの中で本拠となる本巣の他に分巣を作ることで拡大するのがイエシロアリです。湿度等のような気候の変動で巣を乗り換えていく傾向にあるのがヤマトシロアリです。ヤマトシロアリの方が生息地が広いですが、害が大きくなる種がイエシロアリです。イエシロアリは、家の木の部分以外にも、コンクリートに対しても被害を与えます。加えて、イエシロアリというのは水分を運ぶことが出来るため湿度の低い家の上層部であっても害が出るのが厄介になります。

>