>

シロアリ駆除の土壌処理として薬をまくやり方は倉敷市でも帯状散布と面状散布、加圧注入という3点です。帯状散布は、束石などの周囲の土壌に薬剤を使用する手段になります。壁より20センチほどまで駆除剤を撒いていきます。面状散布は、土壌の表面に駆除剤を徹底的に散布します。そして加圧注入ですが、専用の注入器によって土壌に駆除剤を入れ込んでいきます。そのため土の中を通って来るシロアリが侵入するのを食い止められます。穿孔の間隔については1メートルくらいが標準になります。

シロアリを駆除する作業の処理であるベイト工法はシロアリの特性を有効活用するものです。シロアリは餌をシェアするという特殊性を持ち合わせています。食べ物となるベイト剤を撒いて、シロアリを誘って、巣穴へベイト剤を持って行ってもらいます。シロアリは、そのベイト薬剤をまわりのアリに食べさせていきますが、食べてしまうと脱皮しなくなって死に至り、巣穴を根絶することを実現できます。倉敷市でも使用する薬はセントリコンやIGR剤と呼ばれる昆虫成長制御剤で、脱皮を行う生き物にだけ有効なもので、人間やペットについては害のないものとなっています。

>