>

家を食い尽くすシロアリには南アルプス市でも色々な蟻が存在しますが、その中でも日本ではイエシロアリとヤマトシロアリのことが多いです。冬季の平均の気温4度を境界に、北部はヤマトシロアリ、南にイエシロアリとに分布しています。ただしヤマトシロアリについてはある程度寒さに耐えうるため北の地域でも生息していますが、温暖な地域であっても生存できるのでイエシロアリと同じ場所で活動している個体もたくさんいます。ヤマトシロアリは5月頃の雨上がりの日中、イエシロアリは6〜7月頃の夜に羽アリが飛び出すのが特性です。

シロアリ駆除の土壌処理のために薬を撒く手段は、南アルプス市でも面状散布と加圧注入、帯状散布という3点です。帯状散布は配管等のまわりの土部分へ薬をつかうやり方です。壁からおよそ20センチメートルくらいの幅で駆除剤をまきます。面状散布は、土の全体に薬剤をくまなく撒いていくことになります。そして加圧注入という方法は、特別な道具を使い土壌に薬を入れ込みます。そのことにより土壌の中を通って来るシロアリを阻みます。注入する間隔については1m前後というのが一般的です。

>