>

気仙沼市にてシロアリの損害を受けるケースで、本拠地となる本巣に加えて分巣を設ける増大していくのがイエシロアリになります。一方で木材の湿度などのような状況の変化をとらえて巣を移っていく特徴があるのがヤマトシロアリになります。ヤマトシロアリのほうが広い地域で生息されていますが、ダメージが大き目な種類がイエシロアリです。イエシロアリというのは、建物の木以外にも、コンクリートにも害を生じさせます。加えて、イエシロアリというのは水分を運搬できるため湿度の低い住居の上層階にもダメージをもたらすのが特色になります。

気仙沼市でのシロアリの駆除のやり方には木部処理と呼ばれるものが挙げられます。家の土台などへ薬の入れ込みなどをシロアリが侵入している部分や被害の前触れがあるポイントに施していきます。建物の基礎部分だけでなく2階以上でも湿気の多い部分等の被害の前兆がある箇所に対しても作業者が必要と認めれば施工するケースも多いです。駆除剤の吹き付けというのは、基礎部分のような隠れた所に行い、住人が触れる可能性がある箇所については、建物外の他は施工しないです。

>