>

シロアリの駆除の手段の1つであるベイト工法はシロアリの習性を利用します。シロアリは他のアリにエサを共有するといった特性を持ち合わせています。エサとなるベイト剤を仕掛けて、シロアリに食わせ、巣にベイト剤を運んで行ってもらいます。シロアリはそのベイト薬剤を別のアリに分けますが、それを身体に入れると脱皮しなくなって絶命し、巣全体を駆逐することを実現できます。真庭市でも、使う薬剤はIGR剤などの昆虫成長制御剤で、脱皮を行う生き物だけに有効なもので人間や犬や猫には差し障りのないものです。

真庭市でのシロアリの駆除のやり方として木部処理というものがあります。床の下の土台などに薬剤の撒布などをシロアリの被害に遭っているポイントや被害が出る兆しがあるポイントに施します。床の下以外の2階以上の場所だとしても水周りの場所等で被害の兆候のある箇所に対しても駆除業者が見て施工することが多々あります。駆除剤の吹き付けというのは、家屋の土台等の見えない部位に施工するため、人が触れる可能性がある所については、家の外を除いて散布しないです。

>