>

シロアリ駆除の場合の土壌処理として駆除剤を利用するアプローチは、合志市でも面状散布と帯状散布、加圧注入の3タイプです。帯状散布というのは、配管などの付近の土部分に駆除剤を使う施工です。壁より20cmほどの幅で駆除剤を撒いていきます。面状散布は土の全体に駆除剤を隙間なく散布していくことになります。そして加圧注入ですが、独自の注入器で土の中に駆除剤を入れ込んでいきます。そのことによって土壌部分を移動するシロアリの侵入を防止できます。穿孔間隔は1メートルくらいが普通です。

合志市にてシロアリを駆除する際の価格を下げたい時は作業が短時間で完了するように用意しておきましょう。床下収納がついているのならば、床下収納の部分から下に行けるように片付けておくようにしましょう。可能であるならば一日だけで施工できる方が代金も安くできます。また和室の部屋だけ等、一定の範囲で施工をお願いすると、範囲外のところにアリが及んでいた際にもう一度作業することになるので、床下全部を依頼してしまった方が効率もいいので、お得になることも多いです。

>