>

シロアリ駆除の手段となるベイト工法は、名前通りにベイト剤を設置するやり方になります。ベイト剤とは毒の入った餌のことです。まずは、シロアリの生息確認のために餌の木をセットします。置いた餌木をシロアリが噛んだ痕跡が見つかったらベイト剤を置きます。ベイト工法についてのプラスの面は悪臭を気にする必要が無い点になります。ベイト剤自体は薬のような悪臭がないです。鹿児島市でも、餌木やベイト剤の仕掛けもスグ終わります。住人の健康を害さない、環境への悪い影響もない駆除施工になります。

鹿児島市でシロアリ駆除の際に使う薬剤の一つがネオニコチノイド系です。ネオニコチノイド系は木造建築の住居等で使用します。シロアリの神経伝達細胞に異常を生じさせて徐々にダメージを加えて全滅させるものです。ほかにカーバメート系とかシロアリ駆除の際に使われる駆除剤としては定番と言ってよいフェニルピラゾール系があります。微々たる量であっても効果があり、こちらも巣ごと丸っと退治する際には有効ですが、強烈な駆除剤であるため扱い方に要注意です。

>