>

シロアリ駆除の手段となるベイト工法は名前の通りにベイト剤を設置する方法になります。ベイト剤は毒の餌を意味します。第一にシロアリの位置を確認するために餌の木をセットします。設置された餌木にシロアリが噛んだ事を確認できたら、ベイト剤を配置します。ベイト工法の利点は嫌な臭いに悩まされることがないという点になります。ベイト剤は駆除剤と違い嫌な臭いを出しません。南さつま市でも餌木やベイト剤の配置もスグ完了します。住民の健康以外にも環境への悪影響もない駆除施工です。

シロアリというのはひそかに拡散していきますので南さつま市でも、極力早い段階で兆候に気が付くことが大事になります。シロアリは光を嫌い、暗がりに生息します。ですので、普通は地下をくぐって、土台部分に鉄でもトンネルに似た蟻道を築いて建物内に侵入してきます。蟻道を作られたらシロアリ被害の兆しなので注意を払わなくてはなりません。併せて、羽のあるアリが存在するとシロアリ被害に遭う予兆です。被害が進行してくると室内に損傷が発生してきます。床部がフカフカしてきたり、ドアの立て付けが変でないか点検しておきましょう。

>