>

シロアリ駆除に使われるベイト工法というのは、文字の通りにベイト剤を使用する手段になります。ベイト剤とは毒を入れたエサのことです。第一にシロアリの存在確認のために餌の木を配置します。設置した餌木をシロアリが噛んだ痕跡が見つかるとベイト剤を仕掛けます。ベイト工法についての良い面は不快臭を心配しなくても良い点です。ベイト剤そのものは薬のように不快臭がありません。むつ市でも、餌木やベイト剤の仕掛けも短い時間で終了します。住んでいる人の健康に配慮した環境への影響も最小限度に抑えられる駆除アプローチになります。

むつ市にてシロアリの損害を受けるものの内元々の本巣の他に分巣を設ける拡大するのがイエシロアリです。一方で建物の湿り具合などの状況が変わると、巣を移動していく特徴があるのがヤマトシロアリです。ヤマトシロアリのほうが広い地域で確認されていますが、ダメージが大き目なのがイエシロアリです。イエシロアリは、家の木はもちろんですが、コンクリートについても害を生じさせます。また、イエシロアリというのは水を運ぶ能力もあるため湿度の低い住居の上層部分にも害を与えることができることが特色になります。

>