>

シロアリ駆除の場合の土壌処理として薬剤を散布するやり方は、倉吉市でも加圧注入と面状散布、帯状散布という3種類です。帯状散布というのは、基礎などの付近の土壌へ薬を使用する方法です。側壁よりおよそ20センチ程度の幅まで駆除剤を散布していきます。面状散布というのは土の表面に駆除剤をくまなく撒いていくことになります。さらには加圧注入については、独自の注入器にて土壌の中に薬を入れ込みます。それにより、土壌の中を進んでくるシロアリが侵入するのを阻みます。注入する間隔は1m前後が標準になります。

倉吉市にてシロアリ駆除の際のコストを抑えたいのならば、施工がスムーズに終わるように用意しておきます。台所に床下収納があるならば、床下収納の部分から下に行けるように掃除しておくようにしましょう。なるべく即日で作業を終えるほうが料金も抑えることができます。一つの部屋の周りだけなど、部分的に施工を依頼すると、対象外の所に害が蔓延していた場合にもう一回施工する必要が出てくるので、床下すべてを依頼したほうが効率も良くなりますので、最終的には安価になることも多くなっています。

>