>

南九州市にてシロアリの被害を受けてしまうケースのうち、元々の本巣のほかに分巣を作ることで広がりを見せるものがイエシロアリになります。また、建物の湿度などの状況が変わると巣を作り変えていくものがヤマトシロアリです。ヤマトシロアリの方が広く分布していますが、ダメージが大きくなる種がイエシロアリになります。イエシロアリというのは、建築物の木だけでなくコンクリートについても被害を生じさせます。加えて、イエシロアリというのは水分を運ぶことが可能ですので湿度が高くない住居の上層部分へも被害を生むことが厄介になります。

シロアリ被害というのは知らないうちに拡散するので南九州市でも、できる限り初期の段階で前触れに気が付くことが不可欠です。シロアリというものは明るい場所を嫌い、暗い場所を好みます。それゆえに、基本的に土の中をくぐって、コンクリであってもトンネル状の蟻道を作り家中に入り込みます。蟻道を見つけたらシロアリ被害のサインなので注意してください。同様に羽アリを見かけたらシロアリ被害の兆候です。シロアリ被害がひどくなると建物に異常が発生してきます。床部分がぶかぶかしていたり、ドアの立付けが変でないか点検しましょう。

>