>

鹿屋市にてシロアリ駆除の際の費用を節約したいのならば作業が短時間で終了するように準備しておきます。床下収納が取り付けられているのであれば、床下収納から下に下りられるように整理するようにしましょう。できる限り1日のみで終わる方が料金も安くなります。ひとつの部屋の下だけなどと範囲を限定して駆除作業をお願いすると、別のところにアリが広がっていた場合にもう一度駆除作業が必要になりますので床下まるごと頼んだ方が作業効率も良くなって、安くなりやすいです。

シロアリ駆除の土壌処理のために薬剤を利用する方法は、鹿屋市でも加圧注入と帯状散布、面状散布の3点になります。帯状散布は建物基礎などのまわりの土壌に薬剤をまくやり方になります。壁よりおよそ20センチほどまで薬を散布していきます。面状散布は土の全体に薬を均一に撒いていきます。そして加圧注入というやり方は、専用の器具によって土壌に駆除剤を入れ込んでいきます。それによって、土を通って来るシロアリが侵入するのを防ぐことが出来ます。穿孔間隔は1m位が普通になります。

>