>

シロアリ駆除の手順の一つのベイト工法はシロアリの特殊性を有効利用します。シロアリは別のアリに食物を分ける特殊性を持ち合わせています。餌となるベイト薬剤を撒いて、シロアリを誘って、巣にベイト薬剤を運ばせます。シロアリはそのベイト剤を仲間に分け続けますが、身体に入れると脱皮することが出来なくなって絶命し、巣自体の駆逐になります。鹿角市でも、使用する薬はセントリコン等の昆虫成長制御剤で、脱皮をする生き物に限り効果を発揮し、人間やペットについては影響のないものになります。

シロアリ駆除の際の土壌処理のために薬を使用するアプローチは、鹿角市でも帯状散布と加圧注入、面状散布といった3種です。帯状散布というのは配管などの付近の土部分に駆除剤をつかう施工になります。壁より20cm程度の幅まで薬剤を散布していきます。面状散布というのは土の全体に駆除剤をくまなく散布します。また加圧注入というやり方は、独自の器具を使い土部分に薬を入れ込みます。そのことによって、土壌を通って来るシロアリを阻みます。施工間隔については1m前後というのが目安になります。

>