>

シロアリ駆除のやり方であるベイト工法はシロアリの特性を有効利用するものです。シロアリというのは仲間に食物を共有する特殊性を兼ね備えています。食物になるベイト剤を散布し、シロアリを引き寄せて、巣穴へベイト薬剤を運んで行かせます。シロアリはその薬剤をどんどんシェアし続けますが、食べさせられるとシロアリというのは脱皮しなくなり絶命し、巣自体の根絶につながります。岩手郡滝沢村でも使われる薬はIGR剤などの昆虫成長制御剤で脱皮を行う生き物に限定して効き目を発揮し人間や猫などのペットについては無害なものになります。

岩手郡滝沢村にてシロアリの侵入をもたらす事例で固定された本巣に加えて分巣を設ける広がっていくのがイエシロアリです。木材の湿度等のような状況の変動で、巣を移っていく種類がヤマトシロアリです。ヤマトシロアリのほうが広い地域で確認されていますが、被害が大きくなる種がイエシロアリになります。イエシロアリというのは家の木の部分に加えて、コンクリートへも害を与えます。さらに、イエシロアリというのは水分を運搬することができるので湿気の少ない住居の上層階であっても損害を与えることができるのが厄介になります。

>