>

シロアリの駆除の方法の1つであるベイト工法はシロアリの特性をうまく使うものです。シロアリは仲間に食べ物を分け与えるといった特徴を持ちます。食べ物になるベイト薬剤を仕掛けて、シロアリを引き寄せて、巣へベイト剤を持って行ってもらいます。シロアリはそのベイト剤をどんどん与えていきますが、食べるとシロアリは脱皮することが出来なくなり死亡し、巣穴の駆除を実現できます。郡山市でも使用する薬はIGR剤といった昆虫成長制御剤で脱皮を行う生き物だけに効果を発揮し、人や犬や猫については害のないものになっています。

郡山市のシロアリを駆除する作業の木部処理で薬を施す場合のベースの手法が吹付処理です。木部の外側に木部処理剤をノズルで吹き付けて薬を付けるやり方になります。薬に接触すると厄介な部位には、吹付処理はせずに薬剤をブラシ等によって塗る添付処理か選ばれます。添付処理というのは神社やお寺等でよく行われる処理であって、他にも工具で穴を開け木部処理剤を流し入れる穿孔注入処理が行われています。漆食などで作られた壁については壁体内部の木に薬を施す穿孔吹付処理が選択されます。

>