>

近江八幡市でのシロアリ駆除の手段となるバリア工法というのは、駆除剤をまく方法になります。バリア工法を利用するプラス面は即効性で、薬剤を散布すると、早々に効果を示します。生息中のシロアリについては壊滅しますし、卵についても駆逐できますので、新しくシロアリが入ってこなければ、シロアリ被害はなくなります。バリア工法についての難点は、臭いになります。施工中の換気が必須なことは当然でありますが、作業を完了した後についても臭いが消えるまでの時間は換気をしなければなりません

近江八幡市にてシロアリ駆除の際に使われる薬の一つがネオニコチノイド系になります。ネオニコチノイド系は木造建築などで使われます。シロアリの神経伝達部分に作用し、徐々に障害を増やしていって駆除するというようなものです。ほかにはカーバメート系とかシロアリ駆除の際に使う駆除剤においては王道と言ってよいフェニルピラゾール系もあります。ちょっとだけでも効いて、これも巣ごと丸っと退治することが可能ですが、強力な駆除剤なので使用法に注意しなければなりません。

>