>

シロアリというものは隠れたところで拡散していくので、徳島市でも、できるかぎり早い段階で前兆を把握する事が必須になります。シロアリは光を避けて、光のない場所に生息します。普通は地下を通過して、基礎部分にコンクリートであってもトンネル状の蟻道を築いて建物内に入り込みます。蟻道ができるとシロアリ被害の兆候なので注意しなくてはなりません。併せて、羽のある蟻が見つかるとシロアリ被害の兆候です。被害が深刻化すると家に異常が現れてきます。床部分がへこむ感じがしてきたり、建具の立て付けがおかしくないか注視しましょう。

徳島市にてシロアリの侵入を受ける事例の内、中心となる本巣の外に分巣を設ける拡大するのがイエシロアリになります。木の湿気等の環境の変化をとらえて巣を移っていく特徴があるのがヤマトシロアリです。ヤマトシロアリの方が広い地域で生息されていますが、被害が大き目な種類がイエシロアリです。イエシロアリは、住居の木のみでなく、コンクリートについても被害を生じさせます。加えて、イエシロアリは水を運ぶ能力もあるので湿気の少ない家の上の部分へも被害を与えられるのが特性になります。

>