>

住居をダメにするシロアリには太宰府市でも多様なアリが存在しますが、中でも日本においてはヤマトシロアリとイエシロアリのケースがほとんどです。1月の平均の気温4℃の線を境にして北はヤマトシロアリで南にイエシロアリと分かれます。ただしヤマトシロアリはわりと寒さに強いので北の地方にも生息していますが、暖かい地方であっても生活できるためイエシロアリが住む地区で活動している蟻も珍しくありません。ヤマトシロアリについては4〜6月位の雨が明けた昼間に、イエシロアリは6,7月前後の夜間に羽のあるアリを目にすることが見分け方になります。

シロアリというのは木の柔らかな部分だけを食べ進んで固い部分を残す性質になります。木部の中心を食べて進んでいくので、ハンマーなどでトントンと叩きチェックできます。軽く叩いて空間音が聞こえたら注意しましょう。シロアリ被害がひどくなってくると、床を歩くとへこむような感じがする等の変化が発生してきます。さらに、木材がずれて扉の立付けがおかしくなってきます。羽蟻が飛ぶことも太宰府市ではシロアリ被害の前触れになりますので細かなことであってもそのままにしないことが秘訣になります。

>