>

シロアリ駆除の施工となるベイト工法というのは、ベイト剤を置くアプローチです。ベイト剤といった毒エサをセットしてシロアリそのものに毒のエサを巣に運ぶようにさせて一気に全滅させるアプローチです。薬剤を用いないため不快臭を発しないのが良い面ですが何日かかかる点が不都合な点になります。石垣市でもベイト剤を置くについては短時間で済むのですが、巣全体の駆除までには時間を必要とします。薬自身も効くのが遅いので、広く効果が出るのに何日かかかってしまいます。しかしシロアリの生存を確認する作業を行うので、巣を丸っと全滅させることができます。

シロアリ駆除の場合の土壌処理ということで駆除剤を利用する方法は石垣市でも加圧注入と面状散布、帯状散布という3種になります。帯状散布は建物基礎等のまわりの土部分へ薬を使用するやり方です。側壁より20センチくらいの幅まで駆除剤を撒きます。面状散布というのは土の全体に薬を均一に散布していくことになります。さらには加圧注入というやり方は、専用の注入器具によって土の中に薬を加圧注入します。それによって、土の中を進んでくるシロアリの侵入を防止できます。施工間隔は1mほどというのが一般的になります。

>