>

シロアリ駆除の施工としてのベイト工法はベイト剤を使用する施工です。ベイト剤といった毒を入れたエサを仕掛けてシロアリ自身に毒を入れた餌を巣に運ばせて巣を丸丸死滅させる施工です。駆除剤を撒かないため嫌な臭いが気にならない事が良い面ですが何日かかかる点がマイナス面です。宮古島市でも、ベイト剤の仕掛けは短い時間で済むのですが巣の退治までには日数を要します。駆除剤そのものも遅効性なので、広く届くまでに日数が掛かってしまいます。とはいえシロアリがいることを確認する作業を行うので巣自体を丸っと退治できます。

宮古島市にてシロアリの害を受けてしまう事例の中で本拠地となる本巣以外に分巣を置くことで広がっていくのがイエシロアリになります。一方、建物の湿り具合などというような状況の変化をとらえて巣を引越していく特徴があるのがヤマトシロアリになります。ヤマトシロアリの方が分布が広いですが、被害が大きくなるものがイエシロアリです。イエシロアリは、建物の木に加えて、コンクリートにも害をもたらします。イエシロアリは水を運搬することができるので、湿り気のない建物の上の部分へもダメージを生じさせるのが厄介です。

>