>

シロアリ駆除の土壌処理として薬剤をまく方法は北九州市小倉南区でも帯状散布と加圧注入、面状散布という3種になります。帯状散布は基礎などの周りの土部分に薬剤を散布する施工です。壁から約20センチ程の幅まで駆除剤を撒きます。面状散布は土壌部分に薬剤を隙間なく撒きます。さらに加圧注入という方法は、専用の注入器を使用して土部分に駆除剤を注入していきます。それにより、土部分を移動するシロアリの侵入を阻みます。穿孔の間隔については1mほどというのが普通です。

北九州市小倉南区でもシロアリの駆除を専門家にしてもらう時に心配になるのがコストがいくらかという事になります。駆除をする場所について1平方メートル単位にて算出するケースが多くなっています。相場的に1平方あたり1,500円位というような業者がほとんどですが、多くの会社にて見積もりをとって比べる事で、より格安になっていく場合が多々あります。また、大きな家では、割り引きしてくれる時も少なくありません。たとえば施工面積が30メートル四方であれば1,500円が30平方メートルで、およそ45000円前後が平均です。

>