>

シロアリは、木のやわらかいところのみを食べて硬い場所は残す性質になります。木材の中心を食い進んでいくため、金づちなどでコツコツと叩いて確認することもできます。軽く叩いて空洞音がしたら注意が必要です。シロアリ被害がひどくなってくると、床面が柔らかいような感覚になるなどの影響が現れてきます。さらに進むと木材が沈下して戸の立付けが変になってきます。羽蟻がいることも笛吹市ではシロアリ被害に遭う兆しの一つですので微妙な事でもそのままにしておかないことが大事になります。

シロアリ駆除の施工としてのベイト工法はベイト剤を使う方法です。ベイト剤といった毒の餌を配置してシロアリそのものに毒を入れた餌を巣に運んでもらって巣を丸丸退治できる手段です。薬剤を利用しないため異臭の心配がないのがプラスの面ですが日数を必要とする事がマイナス面です。笛吹市でもベイト剤を仕掛ける作業についてはスグ済むのですが、全体を壊滅させるには時間を要します。駆除剤そのものも効果が遅いので、すべてに効果が出るのに時間を必要とします。しかしシロアリの生存を確認する作業を行うので巣自体を完全に退治できます。

>