>

シロアリというものは密かに拡がっていきますので、北九州市小倉北区でも、できる限り初期に兆しに気が付くことが不可欠になります。シロアリは明るい所を嫌って、暗がりで過ごします。それゆえに、通常は土の中を移動して、基礎にコンクリートであってもトンネルに似た蟻道を作り建物内に入り込んできます。蟻道が存在するとシロアリ被害の予兆なので注意を払わなくてはなりません。加えて、羽のある蟻を見かけることもシロアリ被害に遭う兆候になります。被害が進行してくると家にダメージが出ます。床板がぶかぶかしていたり、扉のしまり具合がおかしくないか確認しておきましょう。

シロアリ駆除の手段としてのベイト工法は、文字の通りにベイト剤を使う施工です。ベイト剤とは毒入りのエサということになります。最初に、シロアリの位置を確認するために餌の木を置きます。置いた餌木をシロアリが食べた痕跡が見つかるとベイト剤を設置します。ベイト工法の長所は嫌な臭いを心配しなくても良い事になります。ベイト剤自体は薬剤のように不快臭がありません。北九州市小倉北区でもベイト剤の設置も短い時間で済みます。家族の健康はもちろん、環境にも配慮した駆除やり方です。

>