>

五泉市にてシロアリの侵入をもたらすケースのうち、固定された本巣の他に分巣を作ることで増大していくのがイエシロアリです。建物の湿気などというような気候の変動で、巣を引っ越していく傾向にあるのがヤマトシロアリになります。ヤマトシロアリの方が広範な地域で生息されていますが、害が大きい種がイエシロアリです。イエシロアリは、住まいの木部だけでなく、コンクリートについても被害を生じさせます。さらに、イエシロアリというのは水を運ぶことが可能ですので、湿度の低い住居の上の方へも害を生むことが特性です。

シロアリ駆除の施工となるベイト工法というのはベイト剤を使用する施工になります。ベイト剤といった毒餌を仕掛けてシロアリに毒を入れたエサを巣まで運ばせて巣自体を完全に駆除するアプローチです。駆除剤を用いないため不快臭が気にならないのが利点ですが、時間がかかる点がデメリットです。五泉市でもベイト剤を配置するについては少しの時間で終了します全部の除去までには時間を必要とします。駆除剤自体も効くのが遅いので、隅々まで効くまで日数を要してしまいます。しかし、シロアリの位置を確認する作業を行うので巣自体を丸ごと駆逐できます。

>