>

シロアリ駆除の施工となるバリア工法というのは、薬剤を使ってシロアリを巣ごといっぺんに全滅させる施工になります。使った薬は気体となり建物の中に拡散します。風を通して収まるまでの期間の換気が不可欠になります。異臭を弱めている改良型の薬もあるようですが、原則的に無臭ではないです。奄美市でも鼻が鋭敏な方は気分が優れなくなる場合も少なくありません。幼いお子さんと暮らす家族や、妊婦さんのいる家族では注意を払わなくてはなりませんが効き目が速い手段になります。

奄美市のシロアリを駆除する作業の木部処理のために薬を使う際の定番の処理の方法が吹付処理になります。木の外側に木部処理剤を道具で噴射して薬を付ける処理になります。駆除剤が飛び火するとまずい部分には、吹付処理の代用として薬をはけ等にて塗りつける添付処理が施されます。添付処理というのは伝統的な建物等でよく行われる処理で、他にドリルで穴をあけ木部処理剤を流し込む穿孔注入処理が選択されます。漆食などで作られた壁には壁の内側の木部に薬剤をつける穿孔吹付処理が行われます。

>