>

シロアリ駆除の手段としてのベイト工法というのはベイト剤を置く手段です。ベイト剤といった毒を入れたエサを仕掛けてシロアリそのものに毒エサを巣まで運ぶようにさせて巣全体を一気に排除する方法です。薬を使用しないので嫌な臭いを出さないのがメリットになりますが、日数を要することがデメリットになります。氷見市でもベイト剤の配置については少しの時間で済みます、巣全体を排除するには日数も掛かります。駆除剤そのものも効き目が遅いので、全部に効果を出すまでに時間を必要とします。とはいえシロアリの位置を確認する作業を行うため一気に壊滅させます。

シロアリ駆除の場合の土壌処理で薬剤をまくアプローチは、氷見市でも帯状散布と面状散布、加圧注入という3種類です。帯状散布というのは、束石等の周囲の土部分へ薬をつかうアプローチになります。側壁よりおよそ20cm程の幅まで薬を撒いていきます。面状散布というのは土壌部分の表面に薬を隙間なく撒きます。そして加圧注入というのは、特別な道具によって土壌部分に薬を加圧注入していきます。それによって土壌部分を移動してくるシロアリが入って来るのを食い止めます。穿孔の間隔は1メートル程度というのが標準になります。

>