>

彦根市のシロアリ駆除の木部処理のために駆除剤を使う際のノーマルな処理の方法が吹付処理になります。木部の表面に木部処理剤を吹き付けて薬を付ける手法です。薬が飛び火すると問題になる部分では、吹付処理に代わってブラシなどにて塗布する添付処理が行われます。添付処理というのは伝統的建築物などでよく施される処理の方法であって、その他のものとして穴をあけ木部処理剤を注入する穿孔注入処理も行われます。モルタルなどの壁では壁の内側の木材に薬を施す穿孔吹付処理が採用されます。

シロアリ駆除の土壌処理のために駆除剤を散布する方法は彦根市でも面状散布と加圧注入、帯状散布といった3点になります。帯状散布というのは、配管部分などの周りの土に薬を使用するやり方になります。壁から20センチ程度まで薬剤を撒きます。面状散布は、土の表面に薬を隙間なく散布します。また加圧注入というのは、専門の注入器を使い土の中に薬を注入します。それによって、土壌部分を移動してくるシロアリが入って来るのを食い止められます。注入する間隔については1mくらいというのが標準になります。

>