>

シロアリ駆除に用いられるバリア工法は薬を散布してシロアリを巣ごと短期間で駆逐できるやり方です。散布した駆除剤は気体となり建築物の内部に拡散します。窓やドアを開放して収まるまでの間の換気をする必要があります臭いが少ない改良型の薬も無いわけではありませんが、原則として無臭ではありません。日置市でも臭いに敏感な人は、気分を害するケースも多くなっています。幼い子供を持つ家庭や、妊産婦のいる世帯では要注意ですが即効性で手段になります。

日置市のシロアリの駆除の木部処理のため駆除剤を使う際の基本の手順が吹付処理になります。木材の表層に木部処理剤をスプレーして薬剤を施工する方法になります。薬剤が飛び散ると厄介な場所では、吹付処理の代わりに薬剤をブラシなどによって塗りつける添付処理が施されます。添付処理は神社仏閣等で採用されるやり方であって、他には工具で穴を開け木部処理剤を入れていく穿孔注入処理もあります。漆食などでできた壁には壁体内部の木に薬剤を施す穿孔吹付処理が行われます。

>