>

シロアリ駆除に使われるベイト工法は、ベイト剤を利用する方法です。ベイト剤といった毒を入れたエサを仕掛けてシロアリ自身に毒を入れた餌を巣まで運ばせて丸丸駆除できるアプローチになります。駆除剤を使用しないため臭いを発しない事が長所になりますが何日かかかる点が不利な点です。吉川市でも、ベイト剤を置く作業については短い時間で完了するのですが、巣全体を壊滅させるには時間がかかります。薬剤そのものも効き目が遅いので、完全に効果を出すまで時間がかかってしまいます。ただシロアリの存在を確認する作業を行うため巣ごと完全に退治できます。

家を蝕むシロアリには吉川市でも色々なタイプがいるのですが、日本ではイエシロアリかヤマトシロアリのケースが大半です。冬の平均気温4℃を境に、北にヤマトシロアリで、南はイエシロアリとに分かれます。ただしヤマトシロアリはある程度寒さ耐性があるので北部であっても確認されていますが、温帯の地域であっても生きられるためイエシロアリがいる地域に生存するものも少なくありません。ヤマトシロアリは4,5,6月前後の雨が明けた昼に、イエシロアリについては6〜7月ごろの夜に羽のあるアリが飛び出すのが特性です。

>