>

砺波市のシロアリ駆除の木部処理により薬を付けるときの基本的な手段が吹付処理です。木材の外側に木部処理剤を道具で噴射して薬剤をつけるやり方になります。薬剤が飛んでしまうと良くない部分については、吹付処理ではなくはけなどによって塗る添付処理が施工されます。添付処理は神社等でよく施される処理の方法で、他に穴を開け木部処理剤を差し込む穿孔注入処理も選択されます。モルタル等で作られた壁については壁の中の木に薬剤をつける穿孔吹付処理が選ばれます。

シロアリ駆除のベイト工法は、ベイト剤を設置する方法です。ベイト剤といった毒の入った餌を置いてシロアリ自身に毒入りのエサを巣に運ぶようにさせて巣自体を丸丸排除できるやり方になります。薬を使わないので悪臭がないのが利点ですが、時間を必要とする点がマイナス面です。砺波市でも、ベイト剤のセットについては短い時間でできるのですがすべての退治までには時間がかかります。駆除剤自体も効くのが遅いので、すべてに効果を出すのに日数を要してしまいます。一方でシロアリがいることを確認する作業を行うので、巣ごと完全に全滅させることができます。

>