>

住まいに害をもたらすシロアリには糸島市でも多様なタイプがいるのですが、その中でも日本においてはヤマトシロアリとイエシロアリのケースが多くなっています。冬の平均の気温4度のラインを境にして北部にヤマトシロアリで、南にはイエシロアリとに分かれています。ただヤマトシロアリについては比較的寒さに強いので北海道にも生息していますが、温帯の南部であっても生活できるのでイエシロアリがいる地域に生息する蟻も少なくないです。ヤマトシロアリは4〜6月ごろの雨上がりの日中に、イエシロアリについては6,7月ごろの夜に羽アリが出て来るのが見分け方になります。

シロアリ駆除に用いられるバリア工法というのは薬剤を撒いてシロアリを卵目含めてあっという間に排除できる施工になります。散布された薬剤は気化して住居に広がります。換気扇を回して一定の期間の換気をすることになります異臭を軽減させている改良型の駆除剤もあるようですが、原則として無臭ではないです。糸島市でも鼻が過敏な人は体調に影響が出ることも多くなっています。低年齢のお子さんを持つ世帯や、妊婦のいる家族では注意を払わなくてはなりませんが速く効果がでる方法になります。

>