>

家の床の下部分が土のときは薩摩郡さつま町でも土壌処理の施工を行います。シロアリ駆除の時の土壌処理は、土壌に薬剤を使う事になるので、近郊に配慮して行うことが不可欠です。通常は床の下部分の土にするものですが家の外側に対してもする必要がある時には、薬剤が敷地外にいかないよう注意して行う時もあります。用いる駆除剤は木に使用するものとは違い土のための薬が使われます。シロアリが入って来る配管周辺が慎重に施工されます。

薩摩郡さつま町にてシロアリ被害をもたらすものの中で、本拠地となる本巣の他に分巣を設ける増加していくのがイエシロアリになります。また、木材の湿度などの環境か変わっていくと、巣を引っ越していく傾向にあるのがヤマトシロアリになります。ヤマトシロアリのほうが広く分布していますが、害が大きくなるものがイエシロアリになります。イエシロアリは住居の木はもちろんですがコンクリートに対しても損害を与えます。さらに、イエシロアリは水分を運搬できるため湿度が高くない住居の上の方でも損害を生じさせるのが特性です。

>