>

伊予市でシロアリ駆除の施工としての駆除剤がネオニコチノイド系になります。ネオニコチノイド系というのは木造の建物などで用いられます。シロアリの神経伝達部分を乱して、少しずつ障害を積み重ねていって死滅させる物です。その他にはカーバメート系とかシロアリ駆除の際に使われる駆除剤では定番になっているフェニルピラゾール系が一般的です。ちょっとの量でも効果があって、フェニルピラゾール系も巣全体を丸ごと排除する際には有効ですが、激しい薬剤であるので扱いには注意が必要です。

シロアリを駆除する作業の方法であるベイト工法はシロアリの特性をうまく使うものです。シロアリというのは他のアリに餌をシェアするという特性を持ち合わせています。エサになるベイト剤をしかけて、シロアリを引き寄せて、巣にベイト薬剤を持ち帰ってもらいます。シロアリは、そのベイト剤を仲間にシェアしていきますが、それを身体に入れるとシロアリというのは脱皮ができなくなり死に至り、巣自体の駆逐が可能になります。伊予市でも使用される駆除剤はセントリコンやIGR剤と呼ばれる昆虫成長制御剤で脱皮をする生き物に限定して効き目があるもので人間や猫などのペットには害のないものとなります。

>