和歌山県でのシロアリ駆除の方法として木部処理と呼ばれるものが挙がります。家の基礎部分等に薬剤の注入等をシロアリの被害に遭っている所や被害が出る兆しのある場所に施工します。建物の土台に限らず2階だとしても結露がある所などの被害の前触れのある箇所にも業者が見て施すケースも多々あります。駆除剤の撒布というのは家屋の基礎部分などの目に見えない箇所に行い、住人が接触する恐れのある部分については、家の外を除いて散布しないです。

シロアリを駆除するベイト工法はベイト剤を利用する施工になります。ベイト剤という毒のエサをセットしてシロアリそのものに毒の餌を巣に持ち帰らせて巣自体を完全に駆逐できる方法になります。駆除剤を撒かないので嫌な臭いを出さないのが良い面になりますが、待つ時間が要る事がマイナス面になります。和歌山県でもベイト剤を置く作業については短い時間でできるのですが、巣を駆除するには日数を要します。駆除剤自身も効果が緩やかなので、広く効果が出るまで何日かかかってしまいます。しかし、シロアリの生息確認作業を行うので、巣全体を一気に退治できます。