シロアリ駆除の手段となるベイト工法というのはベイト剤を利用する手段になります。ベイト剤という毒入りのエサを仕掛けてシロアリ自身に毒を入れたエサを巣に持って行かせて巣を完全に排除できる施工になります。駆除剤を使わないので異臭を発しない事が長所ですが日数を要する点が不都合な点です。鳥取県でも、ベイト剤を置くは少しの時間で済みます巣の除去までには時間を要します。薬剤自体も効果が遅いので、完全に効くまでに日数を要してしまいます。とはいえ、シロアリの生息を確認する作業を行うことで巣自体を一気に根絶することが可能です。

鳥取県でのシロアリ駆除に用いられるバリア工法というのは、駆除剤を散布する施工になります。バリア工法を施すプラス面は、すぐ効果がでることで、薬剤を使うと、すぐに効き目が発揮されます。成虫のシロアリは退治できますし、シロアリの卵も退治できますので、屋外からシロアリが出てこなければ害は沈静化します。バリア工法のデメリットは臭いがキツイことです。駆除時に換気が不可欠なことは勿論でありますが、駆除後についても臭いが消えるまでの間は換気をすることになります