建物の床の下部分が土のときは徳島県でも土壌処理行います。シロアリ駆除の土壌処理は土壌に薬を利用することになるので、周囲に配慮して行うことが不可欠です。基本的には床の下部分の土を対象に施工する作業になりますが、建築物の外部に対してもする必要性が出てきた場合には駆除剤が敷地外に漏れないよう注意して作業する時も存在します。つかう薬は防腐と防蟻の木部に使うものとは別の土専門の薬を使用します。シロアリの入り口となる基礎立ち上がり部分が念入りに施工されます。

シロアリ被害はひそかに拡がっていきますので徳島県でも、可能な限り初期段階で予兆を把握することが秘訣です。シロアリは明るい場所を避けて、暗い場所に生息します。それゆえに、普通は土中をくぐって、基礎部分に鉄筋でもトンネル状の蟻道を作って建物内に侵入してきます。蟻道を見つけたらシロアリ被害の前触れなので注意しましょう。同じく羽のある蟻がいることもシロアリ被害の兆しです。被害が本格的になると家自体に不具合が発生してきます。床板がへこむ感じがしたり、扉の立付けがおかしくないかチェックしておきましょう。