静岡県でのシロアリの駆除の施工には木部処理があります。家の基礎部分などへ薬剤の入れ込みなどをシロアリの被害に遭っている所や被害が出る可能性がある場所に施行していきます。床下だけでなく2階だとしても湿気の多い箇所などで被害が起こる前触れがある場所に対しても業者が見て行うことも多いです。駆除剤の散布は、床の下のような目に見えない所を対象としており、人が接触する部位については、屋外の他は行わないです。

静岡県でのシロアリ駆除の手段となるバリア工法は、薬剤を撒くアプローチになります。バリア工法の利点はすぐ効くことで、薬剤を散布すると即効果を示します。成虫のシロアリは退治できますし、シロアリの卵についても駆除できますので、別グループのシロアリが出てこなければ被害は収束します。バリア工法についての悪い点は、鼻をつまむ臭いです。駆除時に換気することは当たり前ですが、施工を済ませた後にも少なからずの期間は換気をすることになります