埼玉県でのシロアリ駆除の施工となるバリア工法は、薬で除去する施工です。バリア工法を使用するプラスの面は速く効くことで、薬をつかうと直ちに効果が示されます。大人のシロアリは死滅しますし、卵も全滅させるので、新たにシロアリが出てこなければシロアリ被害は収束します。バリア工法のデメリットは異臭です。施工している間に換気が必要なのは当たり前ですが、施工を完了した後も少なからずの期間は換気をしなければなりません

埼玉県のシロアリ駆除の木部処理で薬剤を付ける時のベースの手段が吹付処理です。木材の外面に木部処理剤を噴射して薬を施工する方法です。薬が接すると厄介な所については、吹付処理はせずに薬を刷毛等で塗る添付処理が施されます。添付処理は神社等でよく施される方法であって、それ以外にもドリルで穴をあけ木部処理剤を入れていく穿孔注入処理も行われています。漆食仕上げなどの壁では壁の内側の木部に薬剤をつける穿孔吹付処理が選ばれます。