シロアリ駆除のやり方の1つのベイト工法はシロアリの特殊性を利用したものです。シロアリというのは別のアリに食べ物を分け与える特性を持っています。食べ物になるベイト剤を置き、シロアリを誘って、巣穴にベイト剤を持って行かせます。シロアリは、そのベイト剤を他のアリに分け与えますが、食べるとシロアリというのは脱皮ができなくなり絶命し、巣の消滅につながります。佐賀県でも用いる薬はセントリコンというような昆虫成長制御剤で脱皮を行う生き物のみに効き目を発揮し、人やペットには害のないものとなります。

佐賀県にてシロアリを駆除する際に使われる薬剤の一つがネオニコチノイド系になります。ネオニコチノイド系というのは木造建築の建物等で使われます。シロアリの神経伝達細胞を乱れさせてジワジワダメージを積み重ねて全滅させるというものになります。他にカーバメート系やシロアリ駆除の施工としての薬剤においては定番とされているフェニルピラゾール系が想定されます。微々たる量だけでも効果があって、こちらも巣自体を丸ごと一網打尽にすることができますが、激しい薬剤で使用方法に要注意です。