シロアリ駆除に使われるベイト工法は、ベイト剤を設置する手段になります。ベイト剤といった毒のエサを仕掛けてシロアリそのものに毒の入ったエサを巣まで運んでもらって巣を一気に壊滅させる施工です。薬を散布しないので異臭がないのが良い面になりますが、時間を要する事がマイナス面になります。大阪府でもベイト剤の仕掛け作業についてはスグできるのですが、全部の退治までには日数も掛かります。薬自体も効果が遅いので、隅々まで浸透するのに時間が掛かってしまいます。ただ、シロアリがいることを確認する作業を行うことで、丸丸死滅させることができます。

シロアリ駆除の土壌処理として薬を利用する方法は大阪府でも加圧注入と面状散布、帯状散布といった3種類になります。帯状散布は、束石等の付近の土部分へ薬剤をまく施工です。側壁より20cmほどの距離まで薬を散布していきます。面状散布は、土壌部分の表面全体に薬剤を徹底的に散布します。さらに加圧注入については、特殊な注入器を使い土に薬を注入します。そのことにより土壌の中を伝ってくるシロアリが侵入するのを阻止できます。穿孔間隔については1m前後が一般的になります。