シロアリ駆除のやり方の一つであるベイト工法はシロアリの特性をうまく使います。シロアリは仲間のアリに食物を分けるという特殊性を兼ね備えています。餌になるベイト剤を仕掛けて、シロアリを呼び寄せて、巣にベイト薬剤を持ち帰らせます。シロアリはその薬剤をどんどん与えていきますが、体内に入れるとシロアリは脱皮することが出来なくなり死に至り、巣穴を駆除することを実現できます。大分県でも使われる駆除剤はセントリコンなどの昆虫成長制御剤で脱皮を行う生物だけに効き目を発揮し、人や猫などのペットについては安全なものになります。

シロアリというのは、木材の柔らかなところのみを食して硬い所を食べない性質を持っています。木部の中心を食べて進んでいきますため、金づちなどでコツコツと叩き調べることもできます。叩いて空間音がしたのなら注意が必要になります。被害が大きくなると、床面がぶかぶかする感触がするなどといったダメージが出ます。加えて、木材がずれて扉のしまり具合がおかしくなります。羽蟻が飛ぶことも大分県ではシロアリの被害に遭う前触れになりますので少しの事でもそのままにしないことが重要です。