シロアリ駆除に使われるバリア工法というのは薬を散布してシロアリと卵を瞬く間に死滅させる方法です。利用した薬は気体化して家の中に充満します。換気扇を回してある程度の期間の換気をしなければなりません匂いを軽くしている薬もありますが原則として無臭ではないです。奈良県でも臭いに敏感である人は気分が優れなくなることも珍しくないです。小さな子供と暮らす家や、妊婦さんのいる家では要注意ですがすぐ効く手段です。

シロアリ駆除の施工となるベイト工法はベイト剤を使う方法になります。ベイト剤という毒のエサをセットしてシロアリ自体に毒餌を巣に運搬してもらって巣を丸丸壊滅させる手段になります。駆除剤を用いないので異臭がない事が良い点になりますが時間を要する点が不利な点です。奈良県でもベイト剤を仕掛けるは少しの時間で終わるのですが、巣全体の除去までには時間がかかります。駆除剤自体も効果が遅いので、全部に効くまでに日数を必要とします。一方で、シロアリの存在確認作業を行うため、巣を丸ごと除去することができます。