宮城県でのシロアリの駆除の施工として木部処理というものが存在します。床の下の土台等へ駆除剤の散布などをシロアリが侵入している箇所や被害に遭う兆しがあるポイントに施工します。床の下に加えて2階だとしても湿度の高い箇所などの被害が起こる可能性のある場所にも業者が必要と認めれば行うこともあります。薬の注入は軸組の部分等の見えない部分に施工するため、人が接触するかもしれない所には家の外を除いて行わないです。

シロアリ駆除に用いられるバリア工法は、駆除剤を散布してシロアリと卵をまとめて死滅させる施工です。撒いた薬は気化して住居に拡散します。換気扇を回したりして臭いが消えるまでの期間の換気をしなければなりません異臭の少ないタイプの薬剤も無いわけではありませんが、通常は無臭ではないです。宮城県でも臭いに過敏な人は気分が悪くなる事も少なくないです。小さな子がいる家とか、妊婦さんのいる家族では気をつける必要がありますが即効性で方法です。